建設の求人にみる、建設の仕事に就くため

建設の求人を見てみると、建設業に関する仕事に就くためには、いくつかの方法があることがわかります。

求人情報の卒業学歴を見てみると、職種によって高等学校、高等専門学校、大学、大学院の卒業が必要となってくる違いがあります。

大きく分けると各教育機関で学ぶ建設業に関わる分野には、次のような分野があります。

ビルや施設などの建物を作る分野を建築、橋や水道といった社会基盤を作る土木、施設内に入れる設備に関わる機械、電気、化学、予算を立てたり人材配置などを請け負ったりする文系一般の分野に分けられます。

そして、それらの分野を学んだ人たちが対象となる求人情報は、次のようになっています。

建築分野を学んだ人たちが対象となっている求人は、設計、施工管理、設備、研究開発、営業があります。

土木を学んだ人たちは、設計や施工管理、研究開発、営業の求人の対象となっていますし、機械や電気の分野を学んだ人たちは設計や設備、研究開発、営業の求人を見ることができます。

化学については研究開発や営業の求人を見てみると良いでしょう。

文系一般の分野を学んだ人たちは、営業や人事、経理、総務、広報といった求人の対象となっています。

もちろん、仕事に就いた後も経験を積んでいくことで、さまざまな高級資格を取得できるようになり、それとともにできる仕事の分野も増えていきます。

建設の求人と言っても幅広いので、自分のやりたいことがぼんやりとでも描ける場合には、それに沿った専門の勉強をしていくと良いでしょう。

気になるサイト⇒建設業界若者来たれ 人材セミナー : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)